JCI日本青年会議所医療部会

運営常務基本方針

 2017年度運営常務を仰せつかりました、一般社団法人出雲青年会議所の宮本晋吾と申します。本年度、𠮷村大樹会長が掲げられる「源点回帰、大道無門 〜腹を割って話そう〜」の理念のもと、運営常務として以下の基本方針を全う致します。

 医薬全般に係る制度、並びに社会構造の変化に伴い、医療・福祉における様々な問題はますます複雑化してきていると考えます。今日、2025年問題をはじめ山積する医療問題に対し、“日本の医療の正しい発展を担う”我々が英知を集結し、喧々諤々協議を重ね、JCの綱領のもと共に取り組むことが肝要であると考えます。そのためにも、改めて我々の原点に立ち返り、メンバー一丸となって邁進することが出来るよう組織運営に努めてまいります。

 先輩諸兄のご尽力により築かれた、伝統ある医療部会の組織運営に携わる責任の重さを自覚し、常に学びを忘れず実践していくことが大切であると考えております。会員の皆様が恙なく活動に邁進できるよう自己研鑽に励み、組織の要となる組織運営の実践に努めます。そして、組織内外への迅速かつ正確な情報共有、情報発信を連携して行うことで、活動のPRと参加の促進を心がけます。組織の要として2017年度の活動をしっかりと下支えし、互いに力を発揮し合える環境作りと、多くの交流の創出を図ることで、組織のより強固な一体化と医療部会のますますの発展へつなげてまいります。

 最後に、運営常務として力の限りこの1年間を駆け抜け、医療部会をしっかりと繋げてまいりたいと存じます。皆様よりご指導、ご鞭撻のほど賜ります様よろしくお願い申し上げます。

宮本 晋吾

2017年度 日本青年会議所医療部会 運営常務 宮本 晋吾