JCI日本青年会議所医療部会

運営常務基本方針


 2019年度日本青年会議所医療部会運営常務を仰せつかりました、一般社団法人神戸青年会議所の守上佳樹と申します。京都市西京区にて、往診を主な業務形態とするクリニックを運営しております。本年度、第56代部会長の石川久部会長の元、情熱の坩堝の一端となり、1年間の業務運営に携わらせていただきます。医師業務という科学的、理系職業の中で倫理観や透明性を忘れずに、情熱を持って組織運営に努めて参ります。
 青年会議所の組織は各部署いずれも毎年メンバーが変わり、また40歳までの時間の限られた中で、どれだけ情熱をもって組織にかかわることができ、また活動によって諸先輩方の行ってきた伝統を引き継いでいけるか、その年毎の真価が問われます。医療業界においては、同様に時代の波は非常に早く、日本国内では恐ろしいスピードでの高齢社会の到来、医療構造の変化が到来しており、1年間の活動とはいえ目的意識をもって取り組まなければ必ず1年後に後悔することになり、またその後悔がそのまま国民の不利益となる可能性があるため、覚悟をもって取り組む所存としております。また世界ではまだまだ国内で医療を続けるだけでは目にすることのできない、一般健康課題が山のように残存しており、医療部会の中で海外にもアプローチが積極的にできる機会をいただいたことを深く感謝いたします。
 最後になりましたが、入会を後押ししていただいた医療部会の諸先輩方への御礼を申し上げると共に、また今後とも2019年度の医療部会メンバー全員への御指導、御鞭撻の継続の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

守上 佳樹

2019年度 日本青年会議所医療部会 運営常務 守上 佳樹