JCI日本青年会議所医療部会

会則

日本青年会議所 医療部会会則

≪名称≫

  • 第1条
  • 本会は日本青年会議所医療部会と称する。

≪本部および事務局≫

  • 第2条
  • 1.本会の本部は部会長の事務所内におく。
  • 2.本会の事務局を運営専務の事務所におき、連絡所を随時必要に応じて設けることができる。

≪目的≫

  • 第3条
  • 会は、青年会議所の機構を通じてその目的に立脚して、日本の医療の正しい発達を計り、更に、青年独自の立場に立って本会会員の従事している事業の向上、発展を目的とする。

≪事業≫

  • 第4条
  • 1.医療及びこれに関連のある事業の調査研究
  • 2.会員の啓発親睦のための事業
  • 3.その他本会の目的達成に必要な事業

≪構成≫

  • 第5条
  • 本会は日本青年会議所の正会員及び特別会員にして医療及びこれに関連する事業に従事する者を以て構成する。

≪会費≫

  • 第6条
  • 本会の会費については次の規定に定めるものとする。
  • 1.本会の会費は、毎年2月末日まで納入しなければならない。
  • 2.会員が年度中に入会したときは、入会金のみとする。
  • 入会金       10,000円
  • 正会員会費  年額 20,000円
  • 特別会員   年額 10,000円

≪入会・退会・休会≫

  • 第7条
  • 本会の入会・退会・休会については次の規定に定めるものとする。
  • 1.入会を希望する者は、所定の入会申込書を部会長に提出しなければならない。
  • 2.都合により青年会議所を退会する者は、本会を自然退会とする。
  • 3.上記以外の理由によって退会を希望する者は、退会届を部会長に提出しなければならない。
  • 4.会費を所定期日迄に納入しない者は、正副常任会議の決議により勧告の後、退会を命じることが出来る。
  • 5.いったん退会した者でも、所属青年会議所の正会員または特別会員であれば再入会を妨げないものとする。
  • 6.所属青年会議所を休会中の者についても、本会入会を認めるが本会の役職に就くことはできない。
  • 7.本会においては休会を認めない。
  • 8.当該年度、本会入会中の者が所属青年会議所を休会した場合には、当該年度役職のまま本会活動を継続することができるが、次年度以降は本会の役職に就くことはできない。

≪総会≫

  • 第8条
  • 総会については次の規定に定めるものとする。
  • 1.定時総会は年2回とし、日本青年会議所京都会議ならびに全国会員大会の前後に、開催地またはその近隣地においておこなう。
  • 2.臨時総会は正副常任会議または監事が必要と認めた場合に、これを召集することができる。
  • 3.総会の議決権は正会員のみ有する。
  • 4.総会の定足数は正会員の3分の1とし、その議決は出席者の過半数をもって決する。

≪総会の決議内容≫

  • 第9条
  • 1.次の事項については総会の議決を要する。
  • イ.会則の変更
  • ロ.役員の選任及び解任
  • ハ.事業計画及び収支予算の決定並びに変更
  • ニ.事業報告並びに収支決算の承認
  • ホ.その他本会の運営について特に重要な事項
  • 2.本会の解散は総会に於いて会員の2/3以上の議決を要する。

≪役員および選挙≫

  • 第10条
  • 本会に次の役員をおく。部会長1名、直前部会長1名、副部会長6名以内、運営専務1名、運営常務1名、監事3名以内とし、役員の選出については、次の規定に定めるものとする。
  • 1.次年度部会長の選任に当たっては、正副常任会議にて選挙により選出した後、総会において決定する。
  • 2.この場合の正副常任会議の定足数は3分の2とし、出席者の過半数をもって決する。
  • 3.部会長は、副部会長・運営専務・運営常務から5名以内の選挙管理委員を任命する。
  • 4.選挙管理委員会は互選により1名の委員長を定める。
  • 5.部会長の立候補の届出は当該年度を含めて役員の経験者であることとする。
  • 6.部会長の立候補者が3名以上の場合は1回目の投票で過半数を得た者を当選とする。
  • 7.ただし、1回目の投票で過半数を得る者がいない場合は上位2名において再度選挙を行う。
  • 8.選挙管理委員会は当選人確定まで事務手続きを総括運営する。但し立候補者なしと認めた場合は当該年度の部会長が指名推薦し正副常任会議にて承認された後、総会において決定する。
  • 9.役員は直前部会長をのぞき部会長が正会員の中から指名し総会において決定する。

≪正副常任会議≫

  • 第11条
  • 正副常任会議の構成・運営については次の規定に定めるものとする。
  • 1.正副常任会議は役員および部会長が任命した常任委員、25名以内で構成される。
  • 2.正副常任会議の定足数は次年度部会長選挙を除き、構成員の3分の1とし、その議決は出席者の過半数をもって決する。
  • 3.なお直前部会長が特別会員の場合は、議決権を有しない。
  • 4.監事ならびに特別顧問・顧問・参与は正副常任会議に出席し、意見を述べることができるが、議決権を有しない。
  • 5.正副常任会議は本会則に従い本会の運営に必要な事項を決定する。

≪運営の円滑化≫

  • 第12条
  • 本会の運営を円滑ならしめる為、次の規定に定める事を行うことができる。
  • 1.正副常任会議の決議により特別委員会を設置することができる。
  • 2.部会長の選任で常任委員を任命することができる。

≪特別顧問・顧問・参与≫

  • 第13条
  • 正副常任会議の決議により正会員の中から特別顧問・顧問・参与を若干名おくことができる。なおそれぞれの役職については次の各号を満たしていることを必要とする。
  • 1.特別顧問は部会長経験者で所属青年会議所理事長または理事長経験者
  • 2.顧問は副部会長または運営専務経験者で所属青年会議所理事長または理事長経験者
  • 3.参与は所属青年会議所理事長または理事長経験者

≪経費≫

  • 第14条
  • 本会経費は、入会金、会費、寄付金、その他の収入を以てこれに充てる。

≪事業年度≫

  • 第15条
  • 本会の事業年度は、1月1日から12月31日までとする。

≪各地医療クラブ≫

  • 第16条
  • 各地医療クラブ設立に際しては以下の規定に定めるものとする。
  • 1.役立に際しては本会正副常任会議において承認を必要とする。
  • 2.医療クラブは本会に属する。
  • 3.医療クラブの解散に際しては、本会正副常任会議に報告を必要とする。
  • 4.医療クラブの会員は本会会員であることが望ましい。
  • 5.医療クラブの正副常任会議の構成員は本会会員でなければならない。

≪除名≫

  • 第17条
  • 1.会員が本部会の名誉を毀損し、または信用を失墜させるなど会員として適当でないと認められるときは、定足数を満たす正副常任会議出席者3分の2の決議により、これを除名することができる。ただし、会員を除名しようとするときは、その会員にあらかじめ通知するとともに、弁明の機会を与えなければならない。
  • 2.前項の規定により会員を除名したときは、直ちに除名した会員名、除名事由及び弁明の趣旨を日本青年会議所業種別部会議運営会に報告するものとする。

≪施行≫

  • 第18条
  • 本会則は、昭和39年5月2日から施行する。

【改 正】

  • ・理事を常任委員に、理事会を役員会に変更
  • ・第6条 入会金5,000円に、会費 年額 3,000円に変更
  • ・第10条 直前部会長1名を新設
  • ・第12条 委員会を特別委員会に 本細則は、昭和42年5月3日より施行
  • ・本部会の会員が所属青年会議所の特別会員になった場合は、次の終身会費の納入によって自動的に終身会員となる。
  •  終身会費 10,000円
  •  本細則は唱和43年10月4日より施行
  • ・部会費の値上げ
  •  部会費10,000円  入会金5,000円  終身会費20,000円
  •  本会則は、昭和49年2月16日より施行
  • ・部会費の値上げ
  •  部会費15,000円  入会金10,000円  終身会費30,000円
  • ・OB会員の新設
  •  OB会員会費5,000円 本細則は、昭和58年1月1日より施行
  • ・部会費の値上げ
  •  部会費20,000円  入会金10,000円  OB会員会費5,000円
  •  本細則は、平成10年1月1日より施行
  • ・第10条 副部会長4名→6名
  •  平成10年度業種別部会運営会議部会諸規程に準拠
  • ・第17条 除名条項追加 本細則は平成13年1月1日より施行
  • ・第6条 2項 全額納入する→該当する期間分を納入する 本細則は平成15年1月1日より施行
  • ・名称変更に伴う変更 本細則は、平成21年1月1日より施行
  • ・名称変更に伴う変更 本細則は、平成22年1月1日より施行
  • ・常任委員を役員として明文化しない。OB会員→特別会員に統一
  • ・第6 条 特別会員 会費を年額10,000円に変更

平成27年1月1日 改定